Biography

大瀬国隆 (おおせ くにたか)

弦楽器専門店における約10年間の修行を経て、’83年より弓製作を始める。’90年パリへ留学し、弓製作の第1人者であるS.トマショー氏の薫陶を受ける。現在は、合掌造りで有名な五箇山に工房を構え、弓作りに取り組んでいる。

<受賞歴>

  • 1994年バイオリン・ソサエティ・オブ・アメリカ(VSA)
    第11回国際製作コンクールにてチェロ部門金賞受賞

  • 1995年マンチェスター国際チェロフェスティバル銀賞受賞

  • 1996年バイオリン・ソサエティ・オブ・アメリカ(VSA)

  • 第12回国際製作コンクールにてチェロ部門および
    コントラバス部門技術賞受賞

 

Workshop

五箇山から世界へ

匠の技

大瀬の弓作りは木材を厳選するところから始まります。名弓を作る上で最も重要なのは素材選びであるという信念から、完成した弓が演奏される姿を心に描き、入念に手入れされた道具で削り込んでいくことで杢目を見極めます。豊富な経験に裏付けされた感性と熟練の技術により、優れた木材を美しい道具へと生まれ変わらせていくのです。

 

フレンチボウの真髄を受け継ぐ弓職人・大瀬国隆の工房は世界遺産の合掌造りで有名な富山県五箇山にあります。豊かな自然に囲まれた環境で、一本一本特徴の異なるフェルナンブーコの声を聴きながら弓作りに打ち込んでいます。世界が認めた匠の技で丹念に仕上げられた大瀬の弓は、国内外の演奏家に愛用されています。

 
© Archet Co. Ltd. All rights reserved.